North Oakland Sinior Center  City of Oakland
Garden of Joy

The sculpture garden of North Oakland Senior Center was made to honor elderly persons and give them a place to relax and rest. It was remodled into an elderly person facilities in 1998 from Oakland Merit College that had been the base of the Black Panthers in the middle of the civil rights movement in Oakland. The facilities are used for meetings, and recreation.
I had discussions with city officials, the architect, landscape architect and the community, during the design phase, and exchanged opinions about the needs of the facility. The interchange with the community was an important process of the work structure. Wisdom from the longtime experience of elderly persons and their history became the theme. For example, water springs out from a 4 ton bolder fountain in the middle of site, and symbolizes the wisdom of seniors long time life experience.  Grooves I carved into granite are remincient of Japanese sand gardens and are metaphors of the physical history of senior persons. I wanted to show that senior person’s wrinkles are not just showing age, but expressing beauty like tree rings made by the way of their living. As a whole garden, it creates a mood that can be relaxed and quiet, feeling like a Japanese garden.

ノースオークランドシニアセンター(カリフォルニア)
Garden of joy

North Oakland Senior Center の彫刻庭園は地域の高齢者の方たちのこれまでの社会人としての貢献を顕彰し、なおかつそこで、ゆっくりとくつろいでもらうという、シンボリックな面と機能的な面を併せ持った、複合的な作品です。
敷地のある場所は、かつて黒人による公民権運動のさなか、ブラックパンサーの拠点にもなったオークランドメリットカレッジが老朽化したのを、1998年、高齢者施設に改装したもので、ゲームやレクレーション、また集会などに使われています。
設計段階で建築家とランドスケープアーキテクト、またはコミュニテイーの代表、市の役人と協議の場を持ち、意見やニーズの交換をおこないました。とくにコミュニテイーとの交流は作品つくりの上で大事なプロセスで、作品の主題にかかわってきます。テーマとしてうかびあがってきたのは、高齢者の長年の経験に基づく知恵、そして歴史などです。たとえば敷地の中央にある4トンの石からできている噴水の水は沸き出でる知恵を、少しはなれた場所にある石にきざまれたしわが、その人の生きてきた歴史を表すというように象徴性を持たせています。全体としては日本庭園風の静寂感をだすことによりリラックスできるムードになっています。