イサム・ノグチに会った夢



昨晩は、イサム・ノグチに会った夢を見た。



僕が、ノグチのアトリエを訪ねたのだった。


そのアトリエは、二度訪れたことのある牟礼のアトリエではなく、どこか、古くて新しい感じのする町並みの中にあった。


イサム・ノグチの周りには、たくさんの人が集まっていた。そこには、地元の若い人たちもいた。


何人かの人たちと、畳の敷いてある部屋へ通されると、そこには、ノグチが制作したという仏像が3体置かれてあった。仏像というには、少し変わった形をしていた。


ノグチはそこで談笑していた。


ふと、一つの仏像が静かに動き出した。

そして、僕に向かって、


「私を」


という仕草をしたのである。


その仏像は、僕が部屋に入った時から、何となく気になっていた一体だった。


僕はすぐにノグチに向かって、その仏像の購入を申し出た。


ノグチは、少し驚いたような顔をしたが、快く承諾してくれたのであった。


値段は、240万円であった。


夢の中にあっても、僕の懐具合は、つつましいものだったので、240万円は大金であった。


僕は、厚かましくも、100万円ではだめですか?とノグチに訊いたが、ノグチは嫌な顔一つせず、同情の念さえ浮かべながら、



「それは、ちょっと無理だね。何しろ僕の作品だからね。」



と言った。


僕は、納得してその価格で、仏像を購入することを決めた。



翌日、これを書きとったあと、僕はちょっとした歓喜に包まれていた。



(持病の治療のために入院していた時に、よく夢を見ました。これはそのうちの一つ。イサムノグチは世界的な彫刻家で、僕も若い時影響を受けた。) 








ヴィーナスの誕生 2015年作  ブルーマーブル(青大理石)


36回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示