満月のように 私の彫刻思想

彫刻の仕事には際限がない。


粘土はいくらつけてもまだつけ足りない。

石はいくら彫ってもまだ彫り足りない。


終わりのない仕事だ。


しかし空に満月が輝かないということがないように、必ず形の満ちる時は来るだろう。

それは先人たちの偉大な彫刻を見れば明らかだ。


ミケランジェロ、ロダン、ヘンリームーア、バーバラヘップワース、ブランクーシ、ギリシャや、エジプトなどの古代彫刻、、


満月のように満ち足りたフォルムに至るのは、確かに至難なことだし非常なことだ。

しかしそれが彫刻の本質でもあり、魅力でもある。



有明海に浮かぶ月 2008年制作 大理石

51回の閲覧