銀行ウォッチング



僕は外国送金をすることがあるので、銀行の相談窓口に行く機会がある。


外国送金の手続きでは、1時間以上待たされることはザラにあるから、つい先日も、何とはなしに、銀行で働く人たちを眺めていた。


そのうち、ちょっと茶目っ気を出して、一つ、銀行員の仕事を観察してみようと思いたった。


以前、銀行に勤めていた人から、銀行の仕事というのは、1円でも計算が合わないと、家に帰れないと聞いたことがあった。


それはそれは、神経を使う仕事に違いない。


観れば、皆さん、あまり雑談するということもなく、黙々とパソコンに向かったり、忙しくデスクとデスクの間を行きかったりしている。



ふーむ、正直つまらなそうな仕事だなー。給料はいいんだろうから、みんな我慢してやってるのかな。



しかし、いくら仕事とはいえ、楽しみが一切ないということはないはずだ。



昼ご飯を食べる時だけ、さらには休日だけ、はたまたリタイヤした後に人生の楽しみが待っている、と考える人は少ないだろう。


皆さんの様子も、そう苦しそうという風にも見えない。



そうしているうちに、ふと、ある女性行員の仕草が目に留まった。


持っていたボールペンを、額のあたりまで上げて、


うん、うん、うん、


とうなずいている。


このしぐさから想像できる彼女の心理は、二通り。


「いけない、数字が合わない、何とかしなきゃ。」


または、


「そうそう、私は大丈夫。ちゃんとできてるわ。」



実際に彼女から伝わってきたエネルギーは後者の方だ。



そうだ、銀行の人たちがやっているのは、いわば、正確さを楽しむゲームなのだ。


もしくは、複雑な状態をコントロールする快感を味わっているのだ。


コントロールできている状態というのは楽しいものだ。



そう思うと、行員と行員の目が合って、一言二言、言葉を交わすときは、


「あなたもちゃんとコントロールできてるね。」


「あなたもね。」


とうなずきあっているように見えてくる。


こういう喜びをみんなで共有しあっているのが、銀行という職場なのだ。

という答えが出た。


してみれば、


失敗する状況を是として、その状況にとどまりながら最善解を導き出そうとする、美の追求の世界の喜びとは、かなりあり方が違う。


しかし、まあ、どちらも喜びである事には違いはない。


2021/6/6



会話の後 2008 御影石

30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

昼の砂浜