昼の砂浜

最終更新: 6月5日




無意識に作り上げた るてぃーん から


意識して自分を引きはがせば


自然と足が向かったのは


昼間の砂浜


波打ち際まで歩いていくと


波の音が


疲れた体にしみこんできた


水のバイブレーションが


僕の存在と溶け合う




ふと 水平線が目の高さにある事に 気づくと


巨大な雲が


青い空に浮かんでいるのを知った




この水の中には


たくさんの生き物がうごめいている


そう思ったとき


大きな魚がたて続けに目の前で跳ねた


あれはボラだな




以前、釣り好きの友達が教えてくれた




しばらくの間 水面は静かだった


ボラだな ボラだな


と心の中で繰り返すと


小さなボラが 


何度かかわいく跳ねた




砂浜には


半透明のまんまるの


クラゲがいくつも打ち上げられている


半透明のまんまるのクラゲは


水玉の様に見えた




2021/5/31




白昼夢 2015 アラバスター


56回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示