石の時間

更新日:1月31日



昨年夏、崇城大学芸術学部で行われた石彫実習に、講師として学生さんたちと一緒に参加しました。


皆、石など触ったこともないような人たちばかり。


ましてや石の道具など、見たこともなかったことでしょう。でもそれだけに興味を惹かれる人はいたと思います。


普段の授業では、古典的な石彫作品を型取りした、石膏像と呼ばれるものをデッサンすることもあります。


ミケランジェロなどの巨匠らが、大きな大理石から像を彫り出したことを、美大生はイメージできるでしょう。



実習では同じく大理石を使いました。


原石から鑿(ノミ)で彫って、ヤスリをかけて、最後は磨きまで。


なかなかイメージが湧きづらいと思いますが、根気のいる作業です。


何せ、石は硬くて重い。


でも参加者たちは、とても根気よくやりました。噴き出す汗もものともせず、一心にノミをふるっていました。


その後ヤスリで形を整える時、同時にノミでできた傷跡も消していきます。やすりが終わった後は、今度はサンドペーパーでやすりの傷跡を消していきます。


この作業は本当に大変で、これまで粘り強く石に立ち向かってきた学生のみんなも、今にも音をあげたくなりそうな雰囲気です。


それはそうですね。


僕だってこの作業には、同じように音をあげたくなるのですから。



僕は皆さんに言いました。


「とても終わる気がしないでしょ。こういう時は石の時間に付き合わなくちゃいけないね。」


「コツを教えます。まずペーパーを石にあてたら、あんまりごしごし強くやらなくていいから、50回手を前後に動かしてみよう。」


「はい、いち、に、さん、し、ご、ろく、なな、はち、くー、じゅう、いち、にーさん、しーご、ろく、、、、、はい、ごじゅう。」


「ほら,大分傷が取れたでしょう。さあ、もう一回50やってみて。」


「これで石の時間に入れるんです。人間ってさ、何かやったら、すぐに結果が出ないと気に入らないでしょ? でもその感覚のまんまだと、いくらやっても変化しないように感じてしまうんだよ。」


「50回を10回やったら500回だ。それだけやればいつの間にか立派に磨けている。」


「砂浜に転がっている石は丸いでしょ。あれは川の中を流れてくるときに、お互いにぶつかり合って磨かれるわけだ。ずいぶん長い間コツコツぶつかり合って、とてもきれいな形になる。」


「これが磨きの原理なんです。秘密でもあるかな。」


石彫実習は私たち現代人が忘れかけている、石の時間的なものを体験する時間となったかもしれませんね。


2022/1/27





2011年 東北の春

閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示